ニキビ洗顔で肌綺麗を取り戻す|正しくケアして肌に自信をつけよう

肌再生を促す方法

女の人

スキンケアの仕方

ニキビ跡で赤みが残るような場合は、ニキビが出来て肌に炎症が起きてからまだあまり日が経っていないことが多いです。ニキビが出来て、肌の深い部分で炎症が起きて表面の炎症が治まっても内部でまだ炎症が続いていると、ダメージを受けた部分の皮膚が薄っすら透けて下にある毛細血管などが見えることで赤みになります。ニキビ跡は放っておくとその後シミになる可能性があります。紫外線対策には十分気を付ける必要があります。メラニンの生成を抑えるためにビタミンCが含まれる化粧品を使ったスキンケアを中心に行います。ビタミンCには、シミを防ぐ働きがありますが皮脂の分泌をコントロールする働きもあるためニキビのケアに良いと言われています。

肌は28日周期で変わる

人の肌は、人によってそれぞれ個人差はありますが、大体皆28日周期で生まれ変わるようになっています。その為、ニキビ跡の赤みの改善も約28日かけて、一つの周期として徐々に変わっていきます。数日ケアを行うだけでは、肌はすぐに改善されないため、1か月2か月から数か月と根気よくケアを続けていくことで徐々に改善されます。少しでも早く肌を生まれ変わらせたい場合は、ピーリングを行うと良いです。ピーリングは、肌の古くなった角質を剥がして新しい肌に生まれ変わるよう促します。ニキビ跡の赤みの改善には、ビタミンC入りの化粧品を取り入れてケアを行いながら、定期的にピーリングも行っていくことで症状が改善されるようになります。